2016年08月25日

「今日より よい明日はない」


 福岡 天神1丁目の福神街横丁に「マルヒラ」ありしも 再開発着手・・・・

                  エッセイスト   小林 克彦 

 「♪おもいでー・・・なつかしー♪あのテーネーシ ワルツ・・・
今宵も ながーれてくーるー♪・・・
  ♪わかれーた・・・あのーひとー いまーいずこー
よーべど かえーらない・・・♪
   去りにしーゆめー あのテネシーワールツ♪
なつかーしい あいーのうたー♪
  面影ー しのんでー♪ 今宵もーうたう うーるわし テーネーシーワルツ♪」   
 江利チエミの日本語歌詞の方が、この名曲にはしっくりとなじむ。
 そう思いながら、下手な弾き語りをすると・・・。
「アラー!なつかしかー、いつきいてもヨカ曲やねー。わたしの葬送曲にしたいわ!」と、
ママがつぶやいた。
先ほどまで、カウンターの奥で常連客になにやら真剣な話をしていた。目には涙が光っている。
店を閉める1年ほど前のことで、経営がきびしいことを相談していたのか。
その紳士から第三の男をリクエストされたが、アントン・カラスが弾くチター以外の楽器ではできない。
そうことわると、このオーソン・ウェルズ氏は、ゆっくりとうなづいてニッカウィスキーブラックの
グラスを干した。
ここは天神1丁目、ビルの谷間の横丁にある角打ち酒場マルヒラ。天神横丁文化倶楽部の
詰所でもある。
木の階段を上がった2階が店のコノ字カウンター、常連たちが、いつもの定位置に
陣取って駄法螺を吹いている。
「一千万を株式に突っ込んでいるが、うまいこといかんバイ」と、退職公務員っぽい常連爺さん。
「この前は五百万と言ってあったが?」と、別の紳士。
「あれは福証銘柄で運用しよう、これは東証一部にしよる!」と、
「次はニューヨーク市場ですか?オオゴトですなー!ウァハハハ」と、吹きまくっている。






 想い出いっぱいの
 新庄英俊氏出版本とマサカ!のメモ帳


 

 
 ある夜、裕次郎の「北の旅人」をやっていると、となりの新庄さんから声がかかった。
「俺は、旭のほうが好きやった。何かできん?」
元プロ野球のスター選手の親父さんで、ここの常連飲み仲間であった。
「ギターを持った渡り鳥は?」
「ヨカねー俺が歌うバイ、♪あかいー夕日よー もーえーおちて・・・」と、うれしそうに歌われる顔が
忘れられない。
「よいお年をお迎えください!」と、帰りぎわに言うこの決め台詞が、みんなに受けていた。
70歳をすぎたばかりの若さで川を渡られた。            つつく

筆者プロフィール 小林 克彦
    ・キャリアコンサルタント&セミナー講師
    ・ギターリスト&エッセイスト
    ・東急エージェンシーOB会会員  

Posted by 横丁文化倶楽部 at 08:53Comments(0)人生横丁

2016年07月20日

屋台「満龍」で2度目の友? そして新潟の2人!

夕刻 
 バス停で バスの来るのを待つ  
  すぐこい  ・・   う・・・ 
 今日は帰ろう・・ バスこない・・・ 
 遠目に目をやれば 屋台「満龍」の席に1人・・・
 呑むしかない 来ないバスが悪い!満龍へ・・
 山笠明けの 大将に 「お疲れさん」

 わ~  おやあ~  数ヶ月前・・・家族連れだったA氏
 ひょっとして 逢えるかもと ・・・グローバルブランドのSON・・・  
 3日程度の出張の夕刻・・ 屋台「満龍」に足が向いた・・・と、
  
  ・・・ ・・・ ・・・   ・・・ ときどきTOTOのお世話に ・・・  ・・・
 しばし・・・
 と、 若きカップルくる。 ご両人いい顔してる。幸せは 顔にでる。   
 新潟から^宮崎 大分、そして福岡だと・・・ 
 
 も~・おじさん 話しとまらず・・ 
 A 氏の なんともいえない 「呑んでる」顔もいい !!!  
 
 A氏 新潟の若きカップルに 福岡タワーの展望台をお薦め! 
 夕陽がいいんだけど・・・と・・・おっさん。
 いまから いってきま~すの 2人を送る。
 
 帰りのバスに乗る ・・ 空いた席に腰を下ろす。
 窓の向こうに・・・  満月 ! そうなんだ!!  
 わお! 新潟の2人に 博多の贈り物だ~

 満月か よかった! いまごろ・・・と、 隣の清楚な和服の女性に
 おもわず 「若い2人にタワー行きを ・よかったな~・」 「きれいですね~」
  ・・・・・・・・   
 
 満月の贈り物  天神の屋台の出会いに また一つ 

  天神 日銀前の屋台一夜・・・ また あえるんだな~   
           
     わ わ 和服って 日本って いいな~~








 。 
      

Posted by 横丁文化倶楽部 at 23:03Comments(0)人生

2016年06月19日

我が身を枯らすも 美しき今朝の君 !!!

 ホルトノキとの 出会い

 昭和の終わり・・ 任地が故郷隣接県、
 時は バブル真っ盛り、
 縁ありの故郷福岡のはずれに一戸を求めた。
 2,3度覗いたが住むこともなく、玄関脇の
 木の記憶もなかった。


 バブルがハジケ・・・平成8年、
神奈川居住18年、夫婦に娘3名の暮らしから
夫婦2人で福岡に住むことになる。
玄関脇のこの木は身の丈1.5m程度で若若
しさを感じさせた。
幹先が折れかけていた。気がかりの始まり。

 「ホルトノキ」と知り、~ 20年 


 ささやかに気をつかってきたが、 所詮 素人 
 幹先は枯れ落ち、身の丈は昔と変わらず。 
 幹身は枯れ、樹皮がわずかに残った小さな2枝で命をつなぐ。


ところが
秋に落としてきた種から、初めて4~5本が
芽吹く
根回り50cm程度の根元には、新芽二代目誕生なのだ!
若葉の鮮やかさがとりわけ! ことしの君は美しい!!! 



天神にある10mの高さのホルトノキ並木通りを 毎日窓の外に眺めて・・・ 

我が身を案じて・・・ まさか !二代目に託す?
子供もたくさん出来て安心するなよ 100年余は生きて !!!
 
 、 

 
 



  

   
 
 
 
 
   

Posted by 横丁文化倶楽部 at 11:31Comments(0)自然人生

2016年02月08日

少しは 私に 愛をください!

立春に贈る 珠玉の一文 !

 「土屋教授の  オタスケ! 人生相談」

 今月の悩み
 「定年を迎え 短時間勤務で働いています。
 残業続きで、家で夕食をとることなどほとんどなかったのですが、
 毎日妻と2人で夕食をとるようになり、一緒に過す時間が多く
 なりました。もともと仲が良かったわけではないのですが、
 些細なことでけんかになってしまいます。
    ~中略~   どうしたらいいのでしょうか 」
            新潟県・嘱託勤務・62歳・男性
 回答
 夫婦円満の問題は人類が解決していない約60万個の問題の中でも
 大きな問題です。
  以前、夫婦仲がいいと評判の人に秘訣を聞いたところ
 「寝室も居間も食事も別々にすること」
 アメリカのコメデイアンは
 「私たち夫婦は週2回レストランに行きデイナーとダンスを楽しんででいる。
  妻は火曜日に行き、  私は金曜日に行く」 
    ~ 中略~
 妻が夫を嫌う原因は無数ある。
 稼ぎが悪い、ルックスが憧れの俳優と誓いすぎる、妻の美しさが分からない、
 ホメない、口答えする、イビキを書く、~中略~  未だ死なないなど。
 結果 夫はペットの犬をうらやましがるようになる。
  なにより必要なのは 「嫌われているという明確な自覚を持つこと」

 そのうえで、3点をあらためてください。
   第1に、一緒にいる時間を極力へらします。
 奥さんに「温泉旅行にでも行ってきたら?」とすすめ、夕食も週に2回は公園で
独りでおにぎりをたべましょう。
  第2に、家事を奥さんまかせにしているのなら、とんでもないことです。
家事は全部やりましょう。
たったこれだけで、貴方を嫌う原因を0.1%減らせます。
  第3に、奥さんは今から夫の介護を心配しています。 そこで「お前が?がどうなっても
絶対見捨てず、トコトン介護する。俺は介護は要らないから、放置してくれ。」と言いましょう。
 何度か言えば 本気かもしれないと、奥さんが信じる可能性があります。
こうすれば、野良猫並みの扱いを受けるのも夢ではありません。 たぶん。 と・・・・・
 
 「今月の格言」 夫婦円満を達成するのは不可能に近いが夫が行動を改めれば、
 改善する可能性はゼロではない。 と 希望の灯りをともしてくれています。

  土屋賢二(つちやけんじ」 1944年 岡山県玉野市出身。 お7茶ノ水女子大名誉教授
  株式会社PHP研究所 発行 PHP 2016年2月号 P66~67
   土屋教授の オタスケ!人生相談 Prof.Tsuchiya's OTASUKE! JINSEISOUDAN より
  
  土屋教授の最高のお教えに出会い、感激のあまり、抜粋してご紹介いたしました。 
  次号が 待ちどうしい!

  それまで音量を下げて 好きな歌を聴いて過ごします。 
   あなたライオン たてがみゆらし ・・   ・・ 私は  「とまどう ペリカン」    井上 陽水
   みぞれの捨て犬 抱いて育てたあなた ・・・・「少しは 私に愛をください」    小椋 佳                 
                                            
                             

  







   

Posted by 横丁文化倶楽部 at 22:12Comments(0)人生

2015年10月16日

ヘレンからの贈り物 

 悲観論者で 
   星の神秘を探求したり、
     荒海を新しい地を求め航海に出たり、
       人の魂に触れる新しい扉を開いた人がいることを知らない。

     三重苦の ヘレン ケラー 1968年没後40年(2008年)
                      日経新聞 関連記事より
       。
       。
       。
 
   人生はどちらかです。
      勇気を持って挑戦するか 棒にふるか

   元気を出しなさい 
     今の失敗にではなく
        明日来るかもしれない 成功について考えるのです。

      ・・・・・ とも、

  


         
  

Posted by 横丁文化倶楽部 at 11:41Comments(0)人生

2015年10月11日

シエルティの贈り物   「 楽観論」

 
  OTTIMISMO ( オプティミズム ) 

  「人をほめる人 けなす人 」  フランチエスカ アルベローニ
  「楽観論」のなかで、 
  
    この不確実時代を生き抜くための個人主義、創造力に欠ける
    日本人の、集団主義t的な文化は迅速な意志決定を阻害している。

    反面、日本は外に学び、取り入れる。
    数年後に日本は世界がショックを受ける程変貌するだろう。

    と、 スイス銀行 在日代表が日本を離れるに当たり寄稿。
    平成10年6月8日 日経新聞夕刊の記事に
    明日への希望を確信したことを、10月10日がくると想い出す。

    どうも、りくつっぽいが、  まあ~いいか!
    
   
    


   



 




 



  

Posted by 横丁文化倶楽部 at 09:46Comments(0)人生

2015年10月11日

 シエルティからの贈り物

10月10日 この日には特別の想いがある。

シエルティ 

それは突然やってきた。

平成10年10月10日 休日の朝、 
外が騒々しい2階の窓越しに前の家をみると、
一匹の若い犬が玄関に向かって吠え続けている。

  ONE! ONE! ONE!

 その家には 年老いたシエルティがいた。
 迷子のシエルティは我が家を捜し歩いて、
 どこかで逢ったことのあるこの家にたどりついたのだろう。

 その日から 飼い主さんが見つかるまで、我が家で・・!
 従順、賢い、おっかけるのが大好きな2歳ぐらいの男犬に、
 なにかを感じる。 
シエルティの贈り物
 大きな転機の新しい自分史の始まり 
 この年、4月に日本版ビックワン 
  8月にはロシア経済危機・世界同時株安で株式市場は低迷。

 まさにその平成10年10月10日は
 日経平均、平成8年6月 22,666円の高値から
    平成10年10月9日 12,879円の最安値を記録した翌日。

 当時コンサルが仕事。予測不安の我が身に変化! 
 迷える羊の群れをまるごと囲いに追い込めだ ! 

 週明けから、イケイケ ! イケ ! ドン ドン!!!
 ネットバブル平成13年4月20,833円まで・・・。 
 まさに、100年に一度! ミレニエム21世紀の夜明けであった。
 
 その後、10月がくると「いいこと あるぞ~! なのである。
         ONE   ONE   ONE
   ~ 躊躇を理屈ぬきの   羊たちの冒険 ~

       楽観論者へシエルテイが導く
     
  
 

















 



  

Posted by 横丁文化倶楽部 at 09:46Comments(0)人生

2015年06月11日

貴方がかんだ 小指が・・・・

<あの日, あなたが・・・・小指が ~ イタイ !

   ~  coming soon  ~



  

Posted by 横丁文化倶楽部 at 00:30Comments(0)人生