2013年06月30日

ベンチャーズ・来日50年に思う~ユーミンの名曲カバー発売 ~

 <ベンチャーズ・来日50周年に思う>   小林克彦

「ニホンの食べ物はナニガ好き?」と、東洋系アメリカ人の司会者。
「さみしー!」と、ノーキー・エドワーズ。
「オー!ノー。それは、サシミのことよ。ノーキーは刺身が好きでーす。」と、あわてて司会者が助け舟をだすが、ノーキーはポカンとした顔をして苦笑い。やらせであるが、打ち合わせどおりにいかない。

1965年8月の九電体育館でのハプニングで、いまも鮮やかに覚えている。
この年から日本中にエレキ・ブームが始まり、その一人として明け暮れていた。
 それから40年ほどの歳月が過ぎたころ、女房とスペイン一周の旅をした。
バルセロナのグエル公園を散歩していると、若いギターラが「アルハンブラの思い出」を演奏していた。旅情もあったのか音色が忘れられずに帰ってからスペイン・ギターを手に入れた。定番ではあるが実は一番難しい「禁じられた遊び」や「ラグリマ」を弾いていたが、時には天神のなじみの飲み屋で「ブルーシャトー」やポール・アンカの「ダイアナ」、ひばり、裕次郎のヒット曲「悲しい酒」、「北の旅人」などを常連の飲み仲間たちと楽しんでいた。

 ある夜、NHK趣味悠々「楽しく弾こう、大人のエレキギター!」でベンチャーズのヒットナンバーをレッスンしているのを見た瞬間、あの1965年8月にタイムスリップした。
そして、再びエレキ・ギターを手にした。感動した。うれしかった。
おやじバンドに加わり、神社の夏祭や同窓会のステージなどで演奏した。
今も、自宅や天神イムズのスタジオでエレキ・カラオケをバックに弾いている。

 さて、アクロス福岡シンフォニーホールでの来日50周年・ベンチャーズのステージは言葉にならないほどの感動を与えてくれた。
あの時と変わらぬオープニングの定番「ウォーク・ドント・ラン」が始まると、ものすごい歓声と口笛と拍手がまきおこり、興奮が感動となって押し寄せる。
幕間にロビーでパンフレット、ステッカー、ピック、ロゴマーク入りのキャップを買った。いくつになっても記念グッズを買うのは楽しいものである。

 ノーキー・エドワーズに代わり現リード・ギターのジェリー・マギーは、「親子丼」が好物、79歳になったリズム・ギターのドン・ウィルソンは、「大の居酒屋好き」である。今や、すっかり日本通になっている。
 おそらく、福岡での公演は今夜が最後となるであろう。
「さみしー」ことではあるが、わが青春であり、わが生涯のベンチャーズに心から感謝しなければならない。そう思った。


< 筆者プロフィール
 リードギター: ノンキー・コバヤシ
 1947年 福岡生まれ
 立命館大学 産業社会学部卒
 大手広告代理店でアカウント&メディア・
 ディレクター
 現在、キャリアコンサルタントとして再就職
 サポートやセミナー講師で活動中
 座右の銘は、「急がば回れ」


 *「ベンチャーズ・プレイ・ユーミン」:ユーミンの名曲をカバー 6月19日~発売開始!
   ( 小林氏の寄稿に感謝!!  横丁文化倶楽部事務局 注記)  

Posted by 横丁文化倶楽部 at 19:45Comments(0)音楽

2013年06月29日

日本酒乾杯! 無濾過の酒

<どこぞの自治体?だったが、「乾杯は日本酒」条例可決とあった。
 良くぞといいたいところだが、「当たり前」と申しておきたい!

<この20年近く焼酎が日本の酒飲みを癒してきたが、
 焼酎も6~7年前をピークに下降線といわれている。
<日本の「乾杯酒」の定番ビールも、「ノンアルコールビール」なるものを発売し、
「ビール時代のオワリ?を自ら演出したのかな~

< <先日の「日本酒の会」呑んだ銘柄忘れるようでは、「イカン」。
で、利七庵の店主にレジメ頂戴。
 
・純米無濾過生原酒 : 福島=濃い目、強め
・春純吟クワドリフォリオ:福岡=甘くさわやか~!
・純米吟醸無濾過生 : 広島=上品なコク 
・福千歳さくら酵母仕込み:福井=桜酵母の珍しく華やか~



 それぞれに、それぞれの味、ひやが又格別にしみた!!!

 
   

Posted by 横丁文化倶楽部 at 18:38Comments(0)

2013年06月23日

無濾過酒を堪能!利七庵

<銘酒の会

 そば処 利七庵で夕刻7時~ 参加も・・・・
 仕事は定刻5時過ぎ終了、スタートまでチト間あり、

  思案の間もなく連れが、「イイトコアリ」
 <イムズ地下1の「ONO」で4:59<山笠にまねて)から「バル松浦」
 立ち飲みOK , しかも、新鮮な松浦のイカ、アジの刺身あり、なに~
 ビールが100円だと! 連れのおごりで 2杯も・・・

<程よいころとなり、 天神4丁目日銀裏の天神幸ビル 地下1階 利七庵へ
 定刻前に全員集結、酒は縁結び!

 店主挨拶、本日の「コンシエルジエ」綾杉酒店の田中店長の「おすすめ」
 「無濾過酒」 4銘柄、たしか福島、広島、福岡、広島の ○○説明書もらったが
 呑みに集中! どこにも見当たらない。
 30名余がもくもく? とひたすら、ちびり、ぐ~い 
 4種それぞれ味は違っていたが、やがて、どれがどうだか・・・
 銘柄表改めてもらうとしよう。

<店主が心をこめた、3~4種の料理も「居酒屋」ではお目にかかれない!
 
 酒飲みに生まれた幸せを、ごくりと飲み込んで、梅雨の一夜は午前様
  

  

Posted by 横丁文化倶楽部 at 20:05Comments(0)

2013年06月09日

ドームリレーマラソン完走 !!

              <8日、ドームリレ-マラソンも今年3回目、8時過ぎ集合場所ドーム5番ゲート前。今年は7+2+1併せて10名がメンバー。ちゃんと集まるのも、ケータイ時代! ゼッケンつけてグランドに、参加チーム今年はさらに増えて1300チーム余とある。「かぶりもの」チームもいるが数えるほどで昨年からさらに「マジ」になってきた。                            <開会セレ後の「試走タイム」気合を入れて、渋滞の合間をすり抜け、スイ、渋滞、スイで3K、調子は「悪くない」!?  <9:55スタート、今回、出番はお昼ごろだ, 無料配布のバナナ2本での~んびり。今年もレベルを上げて「たすき」を繋げる! 若奥様連、子供連れで応援、差し入れで「いい雰囲気」に「職場と家族一体のお遊び」の古きよき時代を想いだす。

  after  もう一つの「その後」、さくら本舗の 「黒胡麻 にんにく」走る前に食べるべきだった~、タイムはよかったはずだが、誰も記録していないのである。彼らの熱い友情??に「涙した」ドームの1日。   

Posted by 横丁文化倶楽部 at 18:23Comments(0)スポーツ

2013年06月07日

 ドームリレーマラソン 前日!

<さ~て 明日はドームで3K RMに参加!?、8:00集合だ。

 3年連続エントリー、完走ならできるが、タイムは知ったことか! 若者よ許せ!
 「へそ」周りの「脂肪」が立ち退きせず!長年の備蓄で地上げ失敗、念のため体重計に・・・
 おっ、65Kだ~ 10数年以来だろうか、記憶にない。体が軽いのは気のせいどもないか?
 3年前からー6K、ビール&酒&麺喰いなのに上出来だ! 

 とりあえず、3年間のベストタイムを出したるわい!??

 おや~ 缶ビール2が空になってるわ・ わ・ わ・  ZZZ  ZZZ  



 


  
   

Posted by 横丁文化倶楽部 at 21:17Comments(0)スポーツ

2013年06月02日

酒呑みの流儀 

 5月後半の某日、P社主催の「ワイン試飲会」に、友人の勧めで夕刻会場へ、幾分狭い。 各国のワイン赤白夫々20銘柄がコの字テーブルにお並び! 参加者もまばら、通常のとチト違う?
<ワイングラス2セットお土産に、気の向くまま味見! グラスにほんの1滴では「わから~ん」
 ワインはスペインに縁ありで、つまみなしでは、早々に友人と「販売会」会場を跡に・・・

*「立ち呑みの流儀」サライ創刊11周年記念号(2000年10.19:小学館刊)
  大滝秀治氏「おとなの駄菓子屋・富士屋本店」より

 
 <口直しに天神4丁目の
 そば処「利七庵」へ
<ビール1、冷酒2種につまみ、これがイイ!2品。日本人でよかった~。で、締めは「ざる」。
<店主から「日本酒の会」のお誘い! 2人もちろんお願いしま~す。2回目の開催で、醸造元角うちどころの旧知の「美人ソムリエ」の「薀蓄」付きだそうだ!。
会員限定とも?店主のお眼鏡に合わないとだめとか!お行儀が!?

   

Posted by 横丁文化倶楽部 at 18:13Comments(0)角うち