2016年09月03日

今日より よい明日はない  P-2 マルヒラ 

 今日より よい明日はない P-2
                   ギターを抱えた エッセイスト  小林克彦
天神1丁目 福神街 ・・・ 角うち 「マルヒラ」
 皆勤賞ものの常連三羽烏の一人で、酔えばハーモニカを吹きだすU興産の部長は店の人気者。
「白波」を浴びてご機嫌のハーモニカ部長は、よく吹き間違えるが、まわりの人たちは気にしない。
ハーモニカが奏でる昭和ナツメロ歌謡曲やラテンの名曲が、この店の雰囲気に溶けこんでいるからである。
ぶっつけ本番でベサメ・ムーチョを合奏したとき「あんたのギターはリズムがどんどん速くなって
いくバイ!」 「テンポは同じにしてよ!」と、怒られた。

 気があう常連達が集まったときに歌う曲に、大阪ラプソディがある。
大阪の漫才上沼姉妹のヒット曲であるが、なぜここ天神の店のテーマソングになったのかは、
だれも知らない。なんども伴奏したがノリがよく、歌いやすいから自然になったのであろう。

「♪もりといずみにーかーこーまれてー・・・♪」を弾きはじめると、同年代といっしょに大合唱になる。
「ためーいきのーでるよーナ♪あなーたの くーちーづけーに♪あまーい恋を夢ーみる・・・」と、
この恋のバカンスは、女性客がハモリながら楽しんであった。
ザ・ピーナッツの実弟の伊藤悟さんという方は、広告代理店の九州地区担当常務で、わたしの
上司であった。やや小柄で顔はそっくりそのまま、歌はいうまでもなく上手であった。

 酒やつまみを出すお手伝いの女性は、中州出身の名前はミッちゃん。
化粧上手の中年美人系で、豊かな胸は男の目をひく。
思春期の息子を持つシングルマザーで、昼間はラブホテルの清掃をしている。
水商売を卒業した女性でこの仕事をしている人が、わりにいるらしい。
「それは、定番コースになっとーと?」と聞くと、「そんなこと知らん!」と、怒られた。

このミッちゃんの友人で客として店にくる早苗チャンも独身、歌が上手で美空ひばりが得意である。
悲しい酒を伴奏したが、騒いでいた客がシーンとなり本気で拍手をするほどの歌唱力であった。
さて、色香は充分にあるミツちゃんは男はもうヨカと言うが、やや不充分の早苗ちゃんの方が
まだ要ると言う。人は見かけによらないものです。人生イロイロであります。

準常連のなかに、超グラマーな中年美人とご主人ではなさそうな老紳士のカップルがいる。
ソフィア・ローレンっぽい色気でオノコどもの無遠慮な目を楽しませていたが、いつしか姿を
見なくなった。

 さて、証券系のダンディ、手作り豆腐屋の社長、靴磨きのAさんとSチャン、大学同級生よこちゃん、
ピアノ女教師、黒い帽子の女性、ジャズ好きの女性、老舗宝飾店のA子さん、西鉄のY上さん、
マスコミ広告一同、日銀三人組、毒舌のT工務店オヤジ、ホラ吹きトン平、西日本新聞社一同、
レストランのおしゃべりチーフ、郵便局のトクさん、九経連の理事、大手銀行マン、設計士の
山ちゃん,武ちゃんなど、沢山の人がこの舞台を駆け抜けた。  

ある冬の寒い夜、M田先輩とビルの角を曲がって行くと、そこには無情のシャッターが風に泣いていた。
ポルトガルの言葉に 「今日より よい明日はない」とある。「楽しい時間は永遠ではない、
明日を煩わずに今日を楽しもうではないか」と言っている。
それにしても、あれはツワモノどもが 夢のあとだったのか・・・・ 角うち 「マルヒラ」


タグ :角うち

同じカテゴリー(角うち)の記事画像
柳亭燕路 香椎寄席開催のご案内
三喜屋で女子会 !
久留米の オリーブ
天神で蔵開き
福神街 マルヒラ今昔
五十嵐豪と横丁の愉快な仲間 
同じカテゴリー(角うち)の記事
 スザンヌはいないがキャサリンの店 大賑わい ! (2018-11-12 17:06)
 柳亭燕路 香椎寄席開催のご案内 (2017-08-24 16:18)
 大名に 「角うち」 処 新顔 ! (2017-08-14 11:42)
 三喜屋で女子会 ! (2016-08-05 15:53)
 久留米の オリーブ (2016-05-17 06:49)
 天神で蔵開き (2016-03-22 21:33)

Posted by 横丁文化倶楽部 at 10:18│Comments(0)角うち人生
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。